高卒がエンジニア職に就くための方法

プログラミングと聞くと、数学や理系に関する知識が不可欠で、高卒では難しい仕事と考える人もいるかもしれません。
しかし、実際には足し算や引き算といった程度の知識は要るものの、殆どの場合は高度な数学的知識はそれほど必要ないのです。
つまり、研究開発分野などの仕事を除いて、一般の会社で開発を行っているシステムの多くは業務内容をIT化したり、webサービスなどの仕事であることが多く、プログラミングは手順を適切に書いていける能力があれば通常の仕事は務まります。

そのため、高卒であってもプログラミングに関する勉強さえ積み重ねていけば、エンジニア 就職の道も夢ではありません。
プログラミングの知識があって、実際に書くことができるなら、そのまま就職活動ができますが、それ以外の方は専門的な学校に通って学ぶ方法があります。
それ以外には、初心者を対象にした書籍、またはwebサイトでも勉強ができるのです。
この場合、記載されているコードに注目し、それを書き写すことに加えて実行していきます。
IT業界において、この方法は写経と呼ばれることがある学習法で、手本になるコードの書き写しを繰り返すことで徐々にプログラミングの技術が自分のものになっていきます。

プログラミングとは、上級レベルか初級レベルかに関わらず、手本を適切に覚え、適宜組み合わせることによってプログラムを組み立てていく作業が基本となる仕事です。
学歴に関わらず、実際に勉強し、エラーを見つけて修正を繰り返すことで着実に腕が上がり、就職にもつながる職種と言えるでしょう。

Leave a Reply