専門学校や大卒との違い

日本の場合、エンジニアという特定の職業や資格はありません。
エンジニアと呼ばれる職種は豊富にあり、高卒でも応募可能な求人はたくさんあり過ぎるくらいです。
エンジニア 就職や転職は、高卒でも可能です。
日本ではエンジニアという資格が無いので、主に工業系で技術を使った仕事をしていればエンジニアと名乗れるわけです。
エンジニアと名のつく職業で、資格がなければ就けない職種は以外に少ないものです。
その職種に就けばエンジニアとして名乗ることも可能なわけです。
認識としては、専門学校や大学などでその分野に関しての専門知識や技術を学んだ人が、エンジニアと呼ばれるのが一般的ですがそうではありません。

しかし、仕事を続けていこうと思ったら、専門の知識や技術がないと続けられません。
仕事をこなしていくためには、その仕事に必要な知識とスキルが必要になります。
専門学校や大学などに通えば、学生のうちにその知識と技術が学べますが、普通高校卒業ではそうはいきません。
仕事に必要や知識と技術は、実際に現場に出て学び身につけていかなければならないものとなります。
高卒でエンジニアとして認められるようになるには、1つの業界で長年のキャリアを積み知識と技術を学んだ時だと言えるのかもしれません。
エンジニアの場合、違った業種へ転職するのはとても難しいと言われています。
長年続けるには、自分の希望に合った条件で働ける職種の求人を見つけることが大切なのです。

Leave a Reply