やる気次第で高卒未経験でも活躍

プログラミングの面白さを知れば、誰でもエンジニアになることが可能です。
高卒でもエンジニア 就職ができる環境は整っているわけです。
その理由としては、多くのシステム開発は業務が細分化されているので、ほとんど未経験でも業務に就くことができるからです。

ただし注意が必要なのは、最初はシステムの動作確認を行うチェッカーやバグ取りといった作業を繰り返し行うことになることです。
自分でプログラミングができるのはそう簡単ではないかもしれません。
けれどもその与えられた環境の中で、いかにスキル磨きを行うのかが将来のエンジニアとしての分かれ道となります。
例えばチェッカーでも、コードを読むことによって、どのプログラムがどんな動作に繋がるのかを知ることができます。
あるいはバグ取りを行う際にも、人のコードを詳細に検証することができます。
まるで職人が仕事を見て覚えるような感じで、人の書いたコードを参考にしてプログラミングの勉強ができるわけです。

それ位の貪欲さが無ければエンジニアとして成長するのは難しいかもしれません。
逆に言えば高卒であっても専門学校を出ていなくても、就職してからいくらでもスキルを伸ばすことができます。
また就職活動を行う際にも、その前向きな姿勢が高く評価されることになります。
高卒であっても将来性を見込まれることで、様々な業務を任されるようになります。
その結果望むようにスキルを高めることに繋がるわけです。

Leave a Reply